≪平成30年度 白石区PTA連合会総会・懇親交流会≫

 平成30年5月11日(金)17:30より、札幌フローラにて、平成30年度「白石区PTA連合会総会」が開催されました。

 

 安藤 慎也 白石区PTA連会長の挨拶、白石区 区長 蔀 研治 様、札幌市PTA協議会 副会長 本望 由佳 様の祝辞の後、議長を選出し議題に入りました。

 

 平成29年度の役員、各委員会会務報告、研修検討委員会、市P協報告、決算報告、監査報告がなされ、平成30年度の運営方針、各委員会活動計画、会計予算について話し合われました。

 その後、役員選出があり、議長退任後新旧役員の挨拶がありました。旧役員の皆さま大変お疲れ様でした。

 総会終了後、懇親交流会が大友副会長による開会の言葉で、安藤会長の挨拶があり、秋保副会長の開宴の祝杯で始まりました。28校による学校紹介、4校の余興もあり、会は盛会のうちに終えることができました。 

 

 ※5/24(木)委員全体会は、10:00~区民センターにて行われます。

 

 今年度も白石区PTA連合会をよろしくお願いいたします♪

≪平成29年度 白石区P連新年互礼会≫

 平成30年1月19日(金)18:00より、札幌フローラにて「新年互礼会議」が開催されました。

 秋保副会長の司会進行で始まり、金澤副会長の開会の言葉 安藤会長の挨拶と続きました。御来賓の札幌白石区市民部 地域振興課長 高松善行様のご挨拶では、子どもたちの体力UPにつながる白石区の取り組みとして、マラソン大会や縄跳び大会を紹介されました。

 次のご来賓の白石区PTA・OB会(白友会)会長 齋藤章夫様は、今年で20回目を迎えたKitaraで光ろうについて、始まり・毎年開催の大変さ・Kitaraの舞台に立てる素晴らしさなどをお話しされ、これらの実績によって来年度から事前予約で確実にKitaraで光ろうを開催できるようになったので、この素晴らしい取組をずっと続けて欲しいとご挨拶いただきました。

 幌東中学校西川校長の祝杯で開宴し、祝宴は鈴木総務委員長と小林副委員長の司会により進められました。初めに今年度の区P連の活動を写真でふり返り、その後安藤会長から、来年度の組織改編等について詳しいお話がありました。活動内容を整理し、無駄をなくし、活動内容がわかり易い組織名になります。

 余興では北白石小学校、幌東小学校他の皆さんがステージを盛り上げてくださいました。

 盛況の中、南郷小学校港校長の閉宴の乾杯、池田副会長の閉会の言葉で新年互礼会は閉宴となりました。

 

 来年度の総会は、5月11日(金)17:30より札幌フローラにて開催されます。

≪平成29年度 第2回 PTA代表者会議・各単位PTA活動報告交流会≫

 平成29年12月5日(金)18:30より、白石区民センター5階 区民ホールにて「第2回PTA代表者会議」が開催されました。

 

 大友副会長の司会で、会議が行われました。

 初めに、丸田事務局長より報告事項(会務報告、各委員会活動報告、日P仙台大会・道ブロック小樽大会報告)の説明、および平成30年度日P新潟大会・道ブロック旭川大会について紹介がありました。

 

 次に、協議事項として白石区P連各委員会の組織改変について、安藤会長より説明がありました。

 1.総務委員会を廃止、キタラ委員会を新たに設置する。

       各単Pにキタラ委員をおくことで、連携がとれ準備作業をスムーズ進められる。

   これまで総務委員会で選出していた市P協表彰対象校は、区P連役員会で選出する。

 2.環境委員会という名称を改め、健全育成委員会とする。

   活動内容をより明確にし、さらに充実・発展を期する。

   標語コンクール選考の方法を変更する。

 3.IT委員会を広報委員会に含め、常置する。

   多くの皆さまに見ていただけるよう、ホームページの更新と充実を図る。

 

   続いて平成30年度白石区P連の主な活動日程(案)について丸田事務局長より説明がありました。 

 その後、各校PTA活動の報告と交流が池田副会長の進行で行われました。

 参加者が6グループにわかれ、共通テーマ「今年度のPTA活動をふり返って」とグループごとに決められた下位テーマについてフリートークを行い、最後にグループごとに話し合った内容を発表しました。

 

 グループ下位テーマは

 Aグループ:家庭数の減少に伴い、今後のPTA活動をどのように工夫し、効率化を図って

        いくとよいのか?

   Bグループ:無関心層や仕事を持つ保護者をPTA活動に参加させるためにどのような工夫

        や働きかけ等が、必要だろうか?

 Cグループ:PTA活動&行事の企画・運営等を通して関わった多くの会員に満足感や充実

                   感を味わわせるにはどのような工夫や働きかけ等が、必要だろうか?

 Dグループ:例年苦労する役員・委員の選出、なぜなり手がいないのだろう?

                    そんなに大変なのか?学校側のPTA活動に対する協力は・・・?

 Eグループ:PTA活動&地域との交流、連携について、何のために、何が必要で、

                   何を実践・継続していくとよいのだろうか?

 Fグループ:PTA活動は本当に必要なのか?

                   学校側(含:教師)は必要だと思っているのだろうか?

                   改めて必要性を協議しましょう?!

       

 ・役員の入れ替わりでなり手がいない中<任期を決める,引き継ぎをきちんとする,OB

    と繋がりをもっておくこと>等々で、役員になる方の負担を減らす! 

 ・小学校で役員になったら大変だったから、中学校ではやりたくない。    

 ・小学校より中学校のほうが保護者の関わりが少ないため、負担が少ない。

 ・PTA役員に運動会の観覧席を優先的に選べるようにしたら好感触!

 ・現状にあわせて組織の改変を進め、委員の在り方を学校ごとに工夫しているよう。

 ・学校は今まで通りのやり方を変えたがらないが、環境が変化していく中でPTA活動も

  臨機応変に変えていくべき。

 

 ・会長がPTA役員の要望を学校側に交渉することは大事な仕事!

 ・共働きが増えているので、学校が休みの日でも活動できる工夫をする!

 ・バザーなどの内容を充実させ関心を持たせる。

 ・やりがいを持ってもらうため、子どもたちからPTAの方々にお礼を伝えると喜ばれた!

 ・今年度PTAや地域の方の働きかけで信号が設置されたという学校が!

 

 短い時間でしたので、各グループとも意見がまとまることはありませんでしたが、以上のような話し合いの内容が発表されました。どこの学校も役員決めは大変なようで、学校ごとに効率化を図って負担を減らしたり、参加しやすい環境を作ったり、関心を持ってもらえるような工夫をしたりと、お互いの学校活動を通して意見交換ができたと感じました。

 何が正解かわからないPTA活動ですが、この交流会が皆さまの今後の活動のヒントになればいいと思いました。

 

≪平成29年度 第1回 PTA代表者会議・懇親交歓会≫

 平成29年6月16日(金)18:00より、札幌フローラにて「第1回PTA代表者会」が開催されました。

 池田副会長の司会で、千葉副会長の開会のことばから始まり、会議が行われました。

 会議は報告事項・連絡および協力依頼事項について話し合いました。

 その後、「懇親交歓会」が区P連役員・各単Pの会長の自己紹介をしながら、和やかに行われました。

≪平成29年度 委員全体会≫

 平成29年5月25日(木)13:30より、白石区民センターにて委員全体会が開催されました。

 

 全体会では、会長挨拶・各委員会の重点活動について・各委員長と副委員長の紹介・交通費について・活動記録写真についての説明がありました。

 

 その後、各委員会ごとに分かれて「第1回委員会」があり、名簿の確認・今後の活動についての話し合などが行われました。

 

 

 単P各委員の皆さんには、お忙しい中ご参加いただきありがとうございました。今年も各単P間の交流と連携を深め楽しく活動できるように、ご協力よろしくお願いします。