単位PTA

白石中学校開校70周年

【記念式典】

平成29年11月1日(水)午前11時より開校70周年記念式典が行われました。

 吹奏楽部のファンファーレで式典が始まりました。開校から2017年までの歴史を感じるスライドが吹奏楽部の演奏をバックに上映されました。

 はじめに、越田校長先生の式辞として、白石は昔の人が開拓で大変な思いをして切り開いた土地である、ここで育った子供たちにも未来を切り開いていってほしい、夢の実現のために夢を語り、希望を持ち、それに向かって挑戦してほしいとお話されました。そしてもう一つ、白石中学校の生徒が平成14年に決めた4つの伝統を守り続けてほしいとお話されました。

 次に、札幌市教育委員会教職員担当部長檜田様が、白石中学校の合唱が素晴らしいことから、阪神淡路大震災時に被災者を元気にするために一人の音楽教師が作り、今ではいろいろな被災地で歌われている「しあわせ運べるように」についてお話しされました。人と人をつなぐ絆・つまずいたときは周りの人たちが支えてくれると心に響くお話でした。

 その後、吹奏楽部の素晴らしい演奏がありました。

 PTA会長森様は、ご自身の母校でもある白石中学校の4つの伝統について、いろんな方に知ってもらう工夫をし、後輩に引き継ぎ、伝統の橋渡しをしてほしいとお話しされました。

 最後に、日廻生徒会長が『未来宣言』として、みんなの笑顔を守りたい、4つの伝統である「あいさつ」「行事」「平和」「合唱」が生まれた話、その伝統を引き継いでいきたいとお話しされました。

 そして『大地讃頌』を全校生徒で合唱し、美しいハーモニーが響き渡り、式典は終了しました。

 

 来賓、白石区小中学校校長先生、PTA会長、近隣町内会の皆さま、保護者、旧職員、旧PTA役員の方々、たくさんの方が式典に参加されていました。

菊水小学校開校40周年

【記念式典】

平成29年10月27日(金)午前10時より開校40周年記念式典が行われました。

 はじめに、石野校長先生の式辞として、菊水小学校が地域の方々と共に歴史を刻んだ40年間、残された写真にたくさんの笑顔があったこと、このような地域の方々に見守られている菊水小学校での学びに誇りを持ち、未来を切り開いてほしいとお話がありました。

 次に、札幌市教育委員会学校教育部長の引地様から、校歌『ポプラは空へ』のポプラの木は防風林にもなり、若い木がはやく育つことから、自分の中の素晴らしい部分を見つけ友達と助け合いながらすくすく大きく伸びてほしいとお話がありました。

 続いて、札幌市白石区長の蔀様が、菊水小学校の『きらめき活動』や菊水の名前の由来となった菊亭さんの開拓のお話から、大きな夢を持って新しいことに挑戦し白石を明るく元気にしてほしいとお話がありました。

 最後にPTA会長荒谷様から、開校当時から地域の皆さまがささえてくださっている、だから子どもたちが大きく成長していける、今後も変わらず地域の皆さまと協力して子どもたちを見守っていきたいとお話しがありました。

 来賓、白石区小中学校校長先生、PTA会長、近隣町内会の皆さま、旧職員、旧PTA役員の方々、たくさんの方が式典に参加されていました。

【祝う会 開校40周年を祝う会】

 続いて、祝う会~開校40周年を祝う会~が行われました。

 菊水小学校40年の歩みがスライド上映されました。開校当時の生徒の写真、10周年記念、マラソン大会、雪中運動会、コンサドーレ選手の来校など懐かしく楽しい写真が上映され、当時の様子が紹介されました。

 続いて全校児童の皆さんがお祝いの言葉として、『菊水小学校のたからもの』を紹介してくれました。1・2年生は運動会で踊る『菊水ソーラン』、3・4年生は作詞された校長先生の想いのこもった校歌『ポプラは空へ』、5・6年生は幅広い活動を行っている『きらめき活動』について元気に発表してくれました。

 最後は全校合唱「ふるさと」で素晴らしい歌声を聞かせてくれました。

東橋小学校開校90周年

【記念式典】

平成29年10月13日(金)午前10時より開校90周年記念式典が行われました。

 はじめに、野村校長先生の式辞として東橋小学校の始まり、歴史、現在の活動についてお話がありました。札幌市内で橋の名前がついた学校は東橋小学校だけで、橋はつなぐという素晴らしい力があるもの、子どもたちにも橋のように成長をしてほしいとお話されました。

 次に、札幌市教育委員会指導主事の細川様、白石区長の蔀様、PTA会長若杉様から祝辞がありました。皆さん東橋小学校が橋の名前ということから、かけ橋や橋渡し等の意味するつなぐ・結ぶことの大切さ、そのような素敵なことができる人になってほしいとお話されました。『自分の周りに壁を作るより、橋をかけるほうがいい』という心に響く言葉の引用もありました。

 来賓、白石区小中学校校長先生、PTA会長、近隣町内会の皆さま、旧職員、旧PTA役員の方々、たくさんの方が式典に参加されていました。

【祝う会 ありがとうの会】

 続いて、祝う会~ありがとうの会~が行われました。

 「今日から明日へ」の高学年合唱で始まりました。

 児童会の皆さんのご挨拶のあと、東橋小学校の歴史を4・5・6年生・学校の行事紹介を1・2・3年生の皆さんがスライドを見ながら発表してくれました。開校当時の校舎・相撲大会の様子・学校が火事になった直後の様子・復旧後の校舎は白黒で90年の歴史を感じる写真でした。学校の行事は1年を通して楽しそうな活動の様子が伝わりました。

 続いて低学年が「すてきなともだち」を元気よく歌ってくれました。

 次に、東橋の伝統的な取り組みを発表してくれました。1年生から6年生が縦割りグループで活動する「ふれあい活動」です。会場の飾りはふれあい活動の各グループで作成したそうです。

 そのあとのスライドショーでは、各ふれあいグループごとに作った会場の飾り(手形の花)・各学年の活動の様子が映されました。

 最後は全校合唱「ありがとう」で素敵なハーモニーを聞かせてくれました。

東白石小学校開校50周年

【記念式典】

平成29年10月6日(金)午前10時より開校50周年記念式典が行われました。

 はじめに、二宮校長先生の式辞として東白石小学校の始まり、歴史、現在の活動についてお話がありました。昭和54年2月「わたしたちも≪カムバックサーモン運動≫に協力しましょう」と5年生の一人の女の子が提案したことから始まり、38年にわたり続いている東白石小学校特有の「さけ学習」、そこから学ぶこどもたちの様子についてお話しされました。

 次に、白石区長の蔀様、札幌市教育委員会児童生徒担当部長の和田様、PTA会長鈴木様から祝辞がありました。皆さん東白石小学校が長年取り組んでいる「さけ学習」で行われた様々な活動にふれながら、こどもたちの今までの成果そしてこれからの成長に期待するお話をされました。

 来賓、白石区小中学校校長先生、PTA会長、近隣町内会の皆さま、旧職員、旧PTA役員、保護者の方々、たくさんの方が式典に参加されていました。

【祝う会 つなげよう、カムバックサーモンスピリット】

 続いて、祝う会~つなげよう、カムバックサーモンスピリット~が行われました。

 「さけよ ふるさとへ」の全校合唱で始まりました。

 低学年は「つなげよう!すてきなサッピーのいる学校」をテーマに、1年生は呼びかけを、2年生はさけの一生を演じながら≪学校のすてき≫を紹介してくれました。

 中学年は「つなげよう!すてきなトンパー区」をテーマに、3年生は会場のあちこちで、4年生はそれをまとめて全体に≪地域のすてき≫を紹介してくれました。

 高学年は「未来につなげよう!カムバックサーモンスピリット」をテーマに、5年生はこれまでのさけ学習を、6年生は自分たちが行ったさけ学習をスライドで説明し、すてきな活動をつなげる決意を伝えてくれました。

 児童会長の挨拶のあと、全校合唱「小さな勇気」の元気な歌声でしめくくってくれました。