平成30年度 白石区PTA連合会からのご挨拶

            区P連会長 安藤 慎也
            区P連会長 安藤 慎也

 3期目の会長を拝命しました安藤慎也と申します。

 今年度も白石区PTA連合会の活動に対しまして、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

 丸田事務局長が白石区に来て1年、私と同じく少しせっかちな所もある方ですが、ものすごく簡潔にスピーディに物事を解決してくださいます。

 もしかしたらその変化に追い付かない単Pや役員もいるかも知れません。しかし、我々の責任があるうちに変えなければならない事はたくさんあります。

 例えばこれまで続けてきた活動が現代のスタイルに沿うものなのか、疑問に思えば少し変えてみてはどうでしょう? もしも、組織の体制が古いと思うのであればそれも少し変えてみてはどうでしょう?

 区P連がお手本となって組織改革をしていくことが、単Pでの活動がより良いものに発展してゆくと私は信じています。

 私達が笑っているだけで子ども達は嬉しいのです。わが子の喜ぶ顔を見ることは、私達共通の夢です。どうか楽しく笑顔でPTA活動をお願いいたします。

 「面倒だからこそ関わる価値がある。恐ろしいのは関わろうとさえしないこと」と本で読みました。

 子どもに、学校に、地域に、情熱をもって関わって頂きたいと思います。